相続税の相談室とは、相続に関する相談(質問)に登録税理士が無料で回答してくれるサービスです。
相続税の相談室は日本税理士紹介センターによって運営されています。

相続に詳しい税理士の無料紹介窓口

贈与について

質問させていただきます。

・祖母から、息子の子供である孫(未 成年)への贈与になります。
 息子は、亡くなっています。

・書面にて、現在、贈与を約束したい と思います。

質問1
生活費・教育費としてなら、贈与税はかからないとありますが、書面にて、最初に合計金額を示し、4年分割で渡すというような場合は贈与とみなれ課税されるのでしょうか?

質問2
相続時精算課税制度を利用する場合、現在、書面にて、20才の条件を満たす2年後に贈与するというのは可能なのでしょうか?

以上についてご教示いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

土地・建物の名義について

H23年8月に建築条件付土地を購入し、年内に建物が完成、入居する予定です。

土地:1500万円
建物:2500万円

購入資金の一部に、夫の親から1000万円、妻の親から1000万円の贈与を受け、非課税制度を利用するつもりです。

そこで、
土地は夫名義
(夫の親からの1000万円に夫の貯金500万円)

建物は共有名義
(妻の親の1000万円に夫名義で1500万円の住宅ローン)

と考えておりましたが、
土地と建物に同じ割合で出資し、両方とも共有名義にした方が良いと言われました。

私(妻)は専業主婦なので、固定資産税の支払いの面から土地は夫名義でと考えましたが、
土地も共有名義にするプラス面を教えて頂きたく、よろしくお願いいたします。

住宅購入に伴う親からの贈与について

住宅を購入するにあたり、親からの援助が2000万円あります。
ただし、援助の内訳を500万円は贈与で、残りの1500万円は、親からの借り入れとする予定です。しっかりの記録を残すため、8月中に現金で2000万もらいますが、自分の口座に入金するときは、500万と1500万に分けて入金する予定です。
*相続時精算課税は使いません。

ネットで自分なりに調べた結果、下記の通りにすれば、贈与税がかからないと思ったのですが、不安でしたのでメールをさせていただきました。

1 住宅資金特別控除を使う。
贈与500万円は、住宅資金特別控除の特例を使い、贈与税はかからなくなる。

2 親と無利息で金銭消費貸借契約
残りの1500万円は、親と無利息で金銭消費貸借契約を結び、毎月、親の口座へ返済していくことで、贈与とはみなされず、贈与税はかからなくなる。

質問(1)
贈与税をかからなくするためには、この方法で間違いないかどうか?

質問(2)
2ついて、ネットで詳しく調べると、「借入の利息が契約において無利息となっている場合には、原則として利息相当額が贈与税の課税対象となる。」と書いてサイトがありました。仮に利率を、住宅ローンの20年固定金利程度とし、年3%とすと利息は、1500万円×3%で、年45万円です。45万円は、贈与税の基礎控除(110万)に収まっています。よって、親から無利息で借りても、贈与はかからないと思うのですが、いかかでしょうか?

質問(3)
金銭消費貸借契約を結んでいる20年間に、毎年110万の贈与を受けると、贈与税がかかる可能性があるか?

質問(4)
金銭消費貸借契約を結んでいる20年間に、毎年65万(45万の利息を見込んだ贈与額)の贈与を受けると、贈与税がかかる可能性があるか?

質問(4)
他に注意すべき点があれば、教えてください。

贈与税について

贈与税について、ご質問させて頂きます。

2011年3月に、妻の母から、妻へ土地を頂きました。

登記も完了済みです。

その際の贈与税は発生しておらず、理由としては、

義母65歳

土地価値 900万程度

「相続時精算課税制度」を利用したと聞いております。

それで今月に入り、親子関係が悪化してしまい、

その妻に贈与された土地を母に戻すことになりそうです、

その際贈与税が、妻に発生しないのかが心配になっております。

是非ご回答の程よろしくお願いします。

住宅購入に関する相続税および親から借用について

表題につきまして、質問させていただきます。

●今年の総額3800万円の一戸建て(諸経費込)を購入することになっております。
支払時期は、7月末に土地代として約2200万円、12月頃に上物代として1600万円です。

●私個人にはお恥ずかしいことにほとんど貯金がなく、また、銀行ローンを組むことができなかったため、
私の親からの贈与と借用で不動産屋に一括返済したいと考えております。(親の承諾済み)

●親も上記総額を払うだけの貯蓄しかないため、相続税が発生しない方法を両親と検討しております。

●親からの贈与額は、住宅購入での平成22年と平成23年限定の時限措置を利用し、1110万円を予定しております。

●残りの2690万円を借用とし、毎月振込返済したいと考えております。

●親の年齢は、父が59歳です。

【質問1】
住宅購入に対する贈与の非課税範囲は、総額1110万以内という私どもの認識に間違いありませんか?

【質問2】
親からの借用に際し、借用書を作成するつもりでおりますが、支払期限と金利は必ず必要なのでしょうか?

【質問3】
支払期限が必要であった場合、返済期間を25年としたいのですが、父の年齢を考慮した場合、問題はありますでしょうか?
問題がある場合、適正だと思われる年数をご教示ください。

【質問4】
親からは「利息はいらない」といわれているのですが、利息(金利)がないと贈与税の対象となると書かれたサイトがいくつかありました。
適正な金利とは何%程度でしょうか?
0.5%や1%程度でもよいのでしょうか?

ご多忙のところ、まことに恐縮ではございますが、以上についてご教示いただければ幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

贈与の件

被相続人を平成21年から22,23と3年にわたり介護、雑用をして参りました。
その報酬として、口約束ですが、年間110万円の贈与を受けました。
預金通帳に H21,110 H22,110 H23,110 と残高がありますが、基礎控除の範囲以内なので申告する必要が無いと考え、そのままにしてあります。この対応の正誤判定をお願い致します。

どんな税金がかかってくるのか?

主人が高度障害になりまして、保険会社から保険金(8000万)が下りました。
受取人は主人本人であれば、保険金は非課税になると聞きました。  
一部を主人の最後の夢であった住宅資金に使うことになりました。(4000万)
その残りの保険金を私(妻)名義の契約で、一時払いの外貨建て10年個人年金保険(2000万)に預けようかと思っています。
この場合は、主人からの贈与になり後々税金を払うことになるんでしょうか?

共有名義相続

一戸建て、母と私(一人子)の共有名義です。私は、住宅ローンを抱えて購入しました。所有分割合は、50%。
母親が亡くなった場合、相続税は、要すのでしょうか。ちなみに私は、居住中、10年経ってます。

詳細含め教えてください。

父親の土地家屋の相続に関する税金について

私と妹が相続人です。
母はずいぶん前に亡くなりました。父が、一人暮らしをしていましたが、脳梗塞の後遺症で歩けなくなり、認知症も発症したので、近くの高齢者専用賃貸住宅に入居しました。財産は土地家屋(3千万未満)と少しの預貯金です。
空家になった実家の処分について、お尋ねします。
1)父が存命のうちに、売却する。
2)相続後、売却する。(私は国民健康保険なので、翌年の保険料が心配です)
3)どちらかが居住用として相続し、何年間か住んだのち売却し、わける。
4)どちらかが相続し、賃貸にだす。
私は自営業で自宅があります。妹は、持ち家がありませんが(夫はサラリーマン)、つらい記憶があって、その場所に住むのがいやだと言っています。

税金や国保を考慮すると、どうなるのでしょうか。

兄妹間の土地の贈与について

19年前に父が他界し、4人兄弟のうち、兄弟二人が父名義の土地を相続。母は遺言で弟と同居です。
母が父と二人で築き上げた財産として、相続した土地を、兄弟二人に代々受け継いで貰いたいとの想いが深かったので、姉妹は財産を放棄しました。
ただ将来を考え、兄弟が容易に売却出来ないようにする為、母の意向で兄の土地には妹の名義、弟の土地には姉の名義を50万円分残しました。
母も高齢になり、将来の事も視野にいれて、妹は兄の土地名義から自分の名義を抜く事を決めました。
その場合の兄の贈与税は幾ら必要になるのでしょうか?暦年贈与で非課税にする方法はありますか?
路線価格はまだ調べてませんが、大体土地は25坪位で価値は2000万円前後ではないかと考えてます。