税理士無料紹介
はじめての方へ
よくあるご質問
お問い合わせ
無料相談窓口
土日祝も休まず受付けております

はじめての税理士選びとは

お気に入りに追加する

失敗しない税理士選びとは?初めての税理士選び

はじめての税理士選び。税理士を探すにあたって一番大切な事。

会社を起こした、事業を始めた。
事業については詳しい経営者でも、経理についてはちんぷんかんぷんという方が大勢いらっしゃいます。

経費はどこまで認められる?これは交際費なの?帳簿ってどうやってつければいいの?青色申告・白色申告・決算ってどうするの?利益が思いのほか出たけど節税したいなぁ。
など、会社や事業を経営していくにあたり様々な経理の問題が出てきます。

会社や事業を始めた、経理のやり方が分からない、本業が忙しくて経理に手が回らない、などのタイミングで税理士探しが始まります。

そんな時、いったいどういう基準で税理士を探したらよいのでしょうか?
報酬金額でしょうか?それとも近場の税理士でしょうか?人づてに紹介してもらう?・・・
様々な判断基準はあるかと思いますが、税理士探しにおいて一番大切なことは税理士との相性・人柄です。

今回は、はじめて税理士を探される方のために、税理士選び方について、福山税理士にインタビューしてみました。

税理士 福山裕章氏写真

税理士 福山裕章氏

1966年兵庫県神戸市生まれ。
神戸市立葺合高等学校卒業後、
簿記専門学校を経て阪神間の複数の会計事務所に勤務。
神戸学院大学 大学院 法学研究科を修了し、2005年に税理士登録。

三村会計事務所のパートナー税理士として、播磨地域を中心に活動。
2007年兵庫県明石市に「ふくやま税務会計事務所」を開設し、
経営者のベストパートナーを目指し日々奮闘中。

税理士紹介センター:
本日はお忙しい中、お時間いただきありがとうございます。
まずはじめて税理士さんを探す方には、どんな方がいらっしゃいますか?

福山税理士:
よろしくおねがいします。 そうですね、いろいろな方がいらっしゃいますが、
売上げが上がって、経理のボリュームが増えた方。経理の方法がわからない方。
売上げは上がっているが、人を雇うまではいかない方。というのが多い
ですね。

経理というのは、社内の中で、どうしても後回しなりがちな部分です。
といっても、そうも言っていられない。という方が多いと感じます。
個人事業主の方もいらっしゃいますし、もちろん法人設立したての方などもいらっしゃいます。

お電話での税理士紹介は0120-456-079

税理士紹介センター:
なるほど。
では、さっそくですが、はじめて税理士さんを選ぶとき、いろいろな基準があるかと思うのですが、
はじめて税理士さんを探される方は、その基準すらわからないという方が多いと思います。

そのあたりから、教えていただけますでしょうか?

福山税理士:
わかりました。
ではまず、税理士を選ぶ基準として、私が思いつくのは以下があります。

報酬料金から選ぶ

月額顧問料・決算料金などの報酬から選ぶパターンですね。
これが一番多いと思います。

はじめて税理士にお願いされる方にとっては、新たに予算を作るわけですから、
どうしても「安くでやってくれる税理士」ということから探される方が多いと思います。

報酬料金は確かに大事ですが、報酬だけで選んでしまうと最終的に、
失敗してしまうケースも多いようです。

報酬が安い代わりに、記帳は経営者がやらないといけない。
毎月の訪問がないのでタイムリーにアドバイスがもらえない、等のリスクがつくこともあります。

距離から選ぶ

自社と税理士事務所の距離から選ぶパターンです。

自社と事務所が近い方が、書類のやり取りや、社長さんが外出ついでに、
税理士事務所に寄ったりできる。というメリットがあります。

ただし、税理士は経営者の財布の中身を全て知ってるわけですから、
人によってはあまり近くの税理士事務所は・・・と敬遠される方もいらっしゃるのが現実ですね。

年齢から選ぶ

税理士の年齢から探すパターンです。

年齢が高い方を好まれる方は、年齢が高い税理士の方が、経験が豊富そうというイメージや、
自分より若い税理士にいろいろ指図されるよりは、年輩の方に言われた方が聞き入れやすいなどのイメージがあるようです。

逆に若い税理士の方を好まれる方は、若い方がフットワークが軽そう。や、
年輩の税理士は怖いというイメージがある方に多いようです。

最近は若い経営者さんも増えてきて、自分と同じぐらいの年齢の方の方が相談しやすい。といった声も良く聞くようになりました。

相性・人柄から選ぶ

最後に税理士の人柄や、自分との相性から探すパターンです。

自社と価値観や考え方が似ている。親身になんでも相談に乗ってくれそう、
相談したときに、わからないことがあっても、代わりに調べてくれる。

相談したときに、税理士さんなりの意見を言ってくれるなど。いろいろなメリットがあります。

福山税理士

税理士紹介センター:
ありがとうございます。
では、はじめての税理士選びにおいて、この中で、
もっとも重要だと思われるのはどれでしょうか?

福山税理士:
やはり相性・人柄は重要ですね。
報酬料金も大事なのですが、それが一番ではないですね。

税理士紹介センター:
なるほど。相性と人柄ですね。それはなぜなんでしょうか?

お電話での税理士紹介は0120-456-079

福山税理士

福山税理士:
やはり、事業をしていく中で、会社が傾くこともあるかもしれません。

会社の創業期は、本当にいろいろな問題も起こり、大変だと思います。
そんなときに融資など、資金繰り面で頼りになる。
いくら報酬が安くても、そこで頼りにならなかったら、
税理士さんを頼んでいる意味が無いといってもよいと思います。

社員の給与に関することや、取引先とのこと、就業規則や保険のことなど。
これらの中には、税理士の仕事ではない案件も多くあるのですが、社長さんとしては、相談する先がないので、身近な税理士に相談されます。

福山税理士:
相談したときに、わからないことがあっても、単純に「知りません、わかりません」で終わる人もいれば、 「わからないので、今すぐ回答できませんが、すぐ調べて明日の朝には回答します」と、がんばってくれる人もいる。 そういう税理士と、がっちりタッグを組むべきです。

そういう税理士であれば、逆に、年齢や距離などはあまり重要ではなくなってきます。

税理士紹介センター:
なるほど。
そのあたりで福山先生は、お客さまに対してどのようにされていますか?

福山税理士:

私の場合は、お客様のところに訪問して、経営者の方と直接お話することが、とても好きなので、 お客様のところには、月に2・3回訪問することも多々ありますね。

直接お会いすると、こちらが予想もしていない相談をされたり、いろいろ発見があったり、お客様には喜んでいただいています。

今は、インターネットが普及して、たくさんの情報がメールでやりとりされています。しかし、なんでもメールで解決することはないと、私は考えているんです。
直接会ったときでないと、出てこない話や相談、普段直接会っているからこそ、メールなどのツールを使ったコミュニケーションが活きてくるのだと思いますね。

料金に関しても、私の場合は、「とりあえず初年度はこれだけで、来年度は、事業の具合をみて、また相談しましょう」と言います。税理士側からしても、先に値段の交渉から入ってくるお客さんとは、うまく話が進まないケースが多いと聞きます。

最終的には同じことなんですが、入り口が違うだけで、すごく良いマッチングすることがありますね。

入り口を相性からにして、相性の合った税理士さんに、なんとか初年度は安くしてもらう。
その代わり、税理士さんの負担をなくすため、自社で書類の整理やファイリングなどをやるようにする。
というように、このようなことが、たくさんできるようになるんです。
もっと他にもあります。

税理士選びは、相性が命!たくさんの税理士に会おう!

税理士紹介センター:
では、具体的にどのような流れで税理士さんを探すのが良いと思われますか?

福山税理士 弊社代表米森

福山税理士:
まず、できるだけたくさんの税理士さんを会うことでしょう。 いろんな税理士がいるので、これは何においても言えますが、やっぱり相性の合う・合わないというのはあります。

自分の知り合い関係や、税理士紹介センターさんのような紹介業者さんを使って、 できるだけ多くの人と会ってみる。そして「この人なら、なんでも話せそうだな。」という税理士をピックアップして、その税理士と報酬の相談をする。

そこで、報酬の交渉がうまく進んで成約できれば、一番良いですね!

税理士紹介センター:
福山税理士、この度はありがとうございました!

お申し込みフォームへ 1分で申込み完了

お客様インタビュー

紹介事例 (株)Liner Notes様紹介事例 (株)neoinvest様紹介事例 ミューサイト(合)様
お電話では0120-456-079