相続税の相談室とは、相続に関する相談(質問)に登録税理士が無料で回答してくれるサービスです。
相続税の相談室は日本税理士紹介センターによって運営されています。

相続に詳しい税理士の無料紹介窓口

直系尊属、直系卑属のまとめ

直系尊属や直系卑属は聞きなれない方が多いと思います。

読み方はそれぞれ直系尊属(ちょっけいそんぞく)と、
直系卑属(ちょっけいひぞく)と読みます。

この二つの語は主に相続の時ぐらいしか使わないので馴染みのない方が多いかと思いますが
どちらの語も、子孫や祖先の事を表します。

家系図を思い浮かべてください。
直径とは家系図の縦の繋がり(親と子)を指します。
逆に兄弟など横の繋がりは傍系(ぼうけい)となります。

そして尊属とは親族関係において、先の世代にある血族(親や祖父母)。
卑属は親族関係において、後の世代にある血族(子や孫)のことを指します。

直系尊属とは

直系尊属とは、家系図でいうと縦の繋がりで、自分よりも前の世代を指します。

すなわち、父母・祖父母・曽祖父母などがそれにあたります。
また、養父母も含まれます。
叔父・叔母、配偶者の父母・祖父母は含まれません。

直系卑属とは

直系卑属とは、家系図でいうと縦の繋がりで、自分よりも後の世代を指します。

すなわち、子・孫・ひ孫などがそれにあたります。
また、養子も含まれます。
兄弟・姉妹、甥・姪、子の配偶者は含まれません。

おまけ

傍系卑属・・・甥や姪
傍系尊属・・・叔父や叔母

従姉妹は傍系ですが、同世代なので尊属卑属の関係はありません。

2014/5/16 金曜日

直系尊属・直系卑属の相談まとめ

直系尊属について

昨年住宅資金の頭金として父親から1000万贈与して頂きました。直系尊属であれば非課税だと聞いておりました。確定申告で戸籍謄本を取り寄せて確認したところ、私は父の親父が養父となっていました。そう言えば 昔そんな事を言われて印鑑を押した事があります。この場合でも適用されますか?お願いします。

直系尊属には親も祖父も入っていますので、たとえ明男様が祖父の養子になっていたとしても、お父様からの住宅取得資金の贈与の非課税は適用されます。安心して贈与税の申告書を提出して下さい。但し、租税特別措置法70条の2には、その他色々と条件が課されていますので、よくよく確認して下さいね。

2012/2/20 月曜日

贈与税の申告について

新築をするにあたって平成23年に工務店との契約を交わし、同年主人が主人の父から住宅取得のための資金として500万円の援助を受けました。

当初は平成24年2月に工事完了&引き渡し予定だったのですが、土地の名義変更をする必要がありその分筆手続などが遅れ、未だ着工していない状態です。契約時に100万円のみ支払っております。

この場合『直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税』は利用することができるのでしょうか。

まだ未着工とのことですとH23年分申告ではかなり厳しいです。H24年3月15日までに居住していること(又は同日後遅滞なく居住することが確実と見込まれる)事が条件です。

平井直文税理士事務所

2012/2/3 金曜日

贈与税の直系卑属について

自分の子供が住宅取得を今年度行う予定ですが、直系卑属は私の嫁のお父さんつまり子供から言えばおじいちゃんですが、このおじいちゃんも直系卑属に該当しますか?

次に贈与税の申告は来年度の確定申告時に贈与税と所得税の申告を行えばよろしいですね。

今は今年度の確定申告時でご多忙と思いますが来年度の確定申告についてお聞きします。
続いて非課税の制限枠は今の法令草案では来年度はどうなりますでしょうかご教示くださいませ。

こんにちは。
おじいさんのお孫さんということですので、直系卑属に該当します。
よって、贈与税非課税枠の適用が受けられます。

贈与税の申告は来年の2/1-3/15の間ですので、所得税の申告と一緒でも大丈夫です。

非課税枠につきましては、平成22年中に贈与を受けた場合は1,500万円、平成23年中の場合は1,000万円となります。

相続をからめた贈与につきましては、全体の相続計画を考えたうえで行う方が安心です。
ぜひ税理士にご相談ください。

居林順二税理士事務所

2010/3/12 金曜日

父母の遺産相続について

父母共に死亡しています。
子供が7名おりますが、長男は両親死亡の前に他界し息子が1名います。
他の6名は健在です。
亡き長男の息子さんに法定相続権はありますか?
両親より先に死亡した者は遺産相続権が無いと言う方がおりお尋ねします。
「代襲相続権は子どもなどの直系卑属と兄弟姉妹が亡くなった場合に限られる」と書かれていますが、前記6名と直系卑属が全て存在しない時及び両親の兄弟姉妹が亡くなった時に発生すると解釈して良いですか。

伊藤様はじめまして。東京都品川区で開業しております税理士の八木俊助です。よろしくお願いいたします。

>「代襲相続権は子どもなどの直系卑属と兄弟姉妹が亡くなった場合に限られる」
これは、代襲相続は、
子供が亡くなったとき OR 兄弟姉妹が亡くなったとき
におこるという意味で、
父がなくなったときに、祖父が相続することを代襲とはいいませんよという意味です。

したがってご質問の父母の相続にあっては、長男の息子さんは子供がなくなったときの代襲相続により相続人に該当いたします。

八木俊助税理士事務所

2012/5/15 火曜日

川崎市の税理士の五味と申します。
私見ですが、ご回答差し上げます。。

ご質問の意味が「父母の相続」で長男の息子さんに相続権があるかどうかという意味でしたら、当然「代襲者」として権利はあります。
「代襲相続権は子どもなどの直系卑属と兄弟姉妹が亡くなった場合に限られる」とあっても、その長男の子からみた祖父母がお亡くなりになった場合は、長男が既にお亡くなりになっているので、長男の子は当然「代襲相続」し増す。「兄弟姉妹が亡くなった場合」とは子供がいなく、かつ、親も既にお亡くなりになっているケ-スのことを指します。

 以上、ご回答差し上げます。
 宜しくお願いします。 

税理士 五味英樹事務所

2012/5/22 火曜日

回答

1.亡き長男の息子さんに法定相続権はありますか?

あります。

2.相続人の範囲は、民法で次のとおり定められています。

死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

第1順位・・・死亡した人の子供
その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人(代襲相続)となります。子供も孫もいるときは、死亡した人により近い世代である子供の方を優先します。

第2順位・・・ 死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
父母も祖父母もいるときは、死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。
第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。

第3順位・・・ 死亡した人の兄弟姉妹
その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供が相続人{代襲相続}となります。
第3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になります。

以上

山口経営会計事務所

2012/5/22 火曜日

2014/5/16 金曜日

あなたにおススメの相談(質問)